世界最小クラスの新種の恐竜の卵の化石が見つかる ニッポノウーリサス・ラモーサス 兵庫県丹波市山南町

1: AlanWakeNeverWakes ★@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 19:09:32.29 ID:???.net

兵庫県立人と自然の博物館(同県三田市)は29日、同県丹波市山南町の白亜紀前期(約1億1千万年前)の地層から、恐竜の新種の卵の化石が見つかったと発表した。ニワトリの卵よりやや重い100グラムほどと推定し、恐竜卵としては世界最小クラスとしている。

AS20150629003092_comm新種の恐竜卵とされた殻の化石。枝状の模様が特徴(目盛りは1ミリ単位)

「ニッポノウーリサス・ラモーサス」と名付けられ、白亜紀の地球科学専門誌「クレテイシャス・リサーチ」(電子版)に掲載された。

AS20150629003088_comm卵の殻から推定した親の小型獣脚類恐竜の想像図(C)Masato Hattori

発表によると、見つかったのは殻の破片。2層構造となっており厚さ0・44ミリで、表面の特徴的な枝状の模様から新種と判断した。殻だけでは親の種を特定できないが、アジアや北米で発見された二足歩行の小型獣脚類の恐竜(体重15キロ程度)の卵に似ているという。名前はギリシャ語などで「枝分かれした日本の卵の石」を意味するという。

http://www.asahi.com/articles/ASH6S6FCNH6SPIHB02N.html



2: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 19:13:09.80 ID:Y32S4PYR.net

捏造じゃないのw

4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 19:36:03.44 ID:KDG711cUW
たとえ、新種の恐竜卵の殻で世界最小だったとしても中身がないし、壊れた卵の殻だし、盛り上がりに欠けるわ

5: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 20:37:57.27 ID:U+f3U5Pr.net
それって、ちょっとでかいトカゲじゃないの?

11: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 23:10:01.78 ID:l3FfiHxr.net

>>5
むしろただの鳥の卵のかけらの方が似た感じ。
トカゲの方がやわらかいから残りにくいし。

12: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 23:33:24.45 ID:GMh7nLMS.net
>>5
トカゲの卵は殻がペコペコ凹む柔さ

6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 20:42:47.18 ID:rIW5mhkR.net
今年の夏のNHK夏休みこども科学電話相談が楽しみだ

8: (,,゚д゚)さん 頭スカスカ@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 20:53:22.49 ID:hHnIC0p2.net
ニッポノ何チャラ…
ふと発見地が樺太になってしまたニッポノサウルスを想う
Nipponosaurus1431265734616

9: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 21:25:17.53 ID:xqUBFapz.net

丹波市
タンバティタニス(丹波竜)   → 部分骨格
ティラノサウルス類      → 歯
テリジノサウルス類      → 歯
獣脚類            → 歯
鳥脚類            → 歯
曲竜類            → 歯

篠山市
デイノニコサウルス類     → 部分骨格
基盤的ネオケラトプス類(角竜) → 部分骨格含む5体分

他に哺乳類(ササヤマミロス)、トカゲ(パキゲニス)など

特にデイノニコサウルス類と基盤的ネオケラトプス類が出た篠山市の並木道中央公園は、化石の密集層が存在しているようで、ボーリング調査で当たりが出ている。今後に期待

10: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 21:53:35.22 ID:RE4raIQq.net
なんで日本海側の方に集中するんかね。

14: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 15:00:33.68 ID:oDlaMc11.net

別ソースで

兵庫県丹波市で新種の恐竜卵化石を発見 – カルガリー大など[2015/06/30]
http://news.mynavi.jp/news/2015/06/30/297/
001l
兵庫県立人と自然の博物館は6月29日、同県丹波市山南町の篠山層群から、5種類の恐竜卵殻化石を発見し、そのうち1種類が新卵属・新卵種であることがわかったと発表した。

同成果はカナダ・カルガリー大学の田中康平氏、Zelenitsky, D. K. 准教授、DeBuhr, C. L. 技師、同博物館の三枝春生 主任研究員、池田忠広 研究員、カナダ・王立ティレル古生物博物館のTherrien, F. 研究員らによるもので、国際学術誌「Cretaceous Research」で紹介される。また、論文の出版に合わせて同博物館では7月21日~8月31日まで臨時展示を行う予定。

同研究グループが発見した5種類の恐竜卵殻化石には、小型の獣脚類およびハドロサウルス類恐竜の卵殻が含まれており、そのうちの1種類を新卵属・新卵種の「ニッポノウーリサス・ラモーサス(Nipponoolithus ramosus)」と命名。Nipponは「日本」、Oolithusは「卵の石」という意味のギリシャ語、Ramosusはラテン語で「枝分かれした」の意味で、卵殻外表面の特徴的な装飾模様に由来しているという。同研究グループは、クリーニングの完了していない部分のクリーニングを完了させ、近い将来それらに関する追加論文を出版するとしている。

15: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 15:04:44.58 ID:oDlaMc11.net

別ソース追加

恐竜の卵殻化石の新種、兵庫・丹波で見つかる
2015年06月30日 14時26分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150629-OYT1T50125.html?from=ycont_top_txt
20150629-OYT1I50029-L
兵庫県立人と自然の博物館(三田市)は29日、同県丹波市の白亜紀前期(約1億1000万年前)の地層から恐竜の卵殻化石の新種が見つかったと発表した。同館とカナダ・カルガリー大などのチームが同日、白亜紀研究の専門誌「クレテイシャス リサーチ」(電子版)で報告した。

同館によると、2007~11年に5回の発掘調査を行い、数ミリ~約1センチ大の卵殻化石約90点を採集。同大大学院博士課程の田中康平さん(29)らが分析した。

新種の卵は、ニワトリの卵よりやや大きい程度と推測され、世界で見つかっている恐竜の卵の中では最小クラス。この大きさでは発見例のない枝状の模様が表面にあった。小型の肉食恐竜ドロマエオサウルス類のものとみられるという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. hasunuma より:

    det